今のうちに知っておきたいじゅうたんの掃除の仕方

現在日本を含め北半球は冬になっていて、どの国々でもしっかりと防暖対策をして生活をしています。その上で部屋を装飾もかねて生活に密着している敷くものがあります。それが今回のテーマであるじゅうたんなのです。では冬に必需品となったじゅうたんとは何であるのかに入りますとまず大まかに言えば羊毛や綿そして麻を生地として織り込んで作った床に敷くための敷物を言うのである。そして歴史的には草でできた敷物やそしてテーブルや壁に覆う織物も含めていました。現在では床に敷くものだけが該当していて、そしてじゅうたんの生地は羊毛や綿と麻もありますが一般的に買えるのはこれらに似せた合成繊維を鋲や釘そして接着剤で織りこんで作られています。それにより従来のじゅうたんは大きさが決まっており大きな居間でしか置けなかったのですがどの家庭の居間でも置くことができるようになりました。

そしてじゅうたんの大きなメリットとは先にも言った部屋をワンランク上に感じるように装飾するだけではないのです。それではメリットとは何であるのかですが、まず足音を軽減するために騒音対策となり、そして次に床からもれる冷気を遮断してあたたかい空気を維持する断熱性に優れています。なによりじゅうたんは柔軟性に優れているために座ったり横になるのにも楽になり、そして摩擦が大きいために滑り止めの効果もあり足が衰えているお年寄りが転びにくくそして仮に転んだとしてもその柔軟性がクッションとなり大きなけがの予防にもなるためバリアフリーにもなるのです。しかしもちろんデメリットもあります。それはじゅうたんは摩擦が大きいために静電気が起きほこりがたまりやすくそして一定の温かい温度を維持しているためにダニやノミの繁殖にも適してしまうのです。それを防ぐためにもそこでもう一つのテーマである掃除の仕方も覚えているといいのです。まず掃除と言えば掃除機で吸い込むことです。しかし掃除機は表面のほこりを取ることができますが繊維の奥までは取る事ができませんので寒い時期は終わった時には以下の事をするといいのです。まずたわしを使い奥のごみをかき出しそして次に重曹でにおいを消しそして理想は太陽のもとで天日干しをして殺菌ヲ刷ることですが大きい場合それが難しいので衣服のしわを伸ばすアイロンを使うとダニを退治することができます。

以上が掃除の仕方ですが日本の冬はこれから本格的に深くなっていきます。そのためしっかりと手入れして暖かい冬の必需品として有り続けてほしいのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*