じゅうたんのクリーニングについて

新品の時にはクリーンで気持ちのいいじゅうたんですが、だんだんと使い込んでいくうちに汚れもたまってくるのがつきものです。どこかですっきりとクリーニングできればと願っている方も多いことでしょう。そのタイプ別にクリーニングについてご紹介したいと思います。まずは完全な敷き詰めタイプに関してです。これは剥がして張替えをしない限り業者の方に来てもらって敷き詰められた状態のままクリーニングをしてもらうことになります。まずは丹念に業務用の掃除機でほこりとゴミを取り除きます。そのあとで専用の薬剤を使って汚れた部分のしみ抜きを行います。さらに素材にあった薬剤を使ってクリーニングを行います。最後に専用のスチームバキュームクリーナーで洗剤を中和しながら薬剤や水分、汚れを残さずに回収します。そのあとしっかり乾燥させて仕上げていきます。

じゅうたんは敷き詰めたままですので裏面まで入り込み浸透した汚れはさすがに落せませんが、こうした作業をプロに任せて行ってもらうだけでも、本来の色合いや風合いがかなりよみがえることになります。さらに汚れ防止加工をおこなって保護膜を作ることも可能です。帯電防止加工では静電気を防ぐことによりほこりをつきにくくする効果も発揮します。ペットなどの染みついた臭いもこれならかなりがとれることになります。さらにダニ予防のコーティングも可能となります。大体クリーニングの標準料金はじゅうたん自体の素材にもよるようですが、ウールが一帖当たり200円弱ぐらいで化繊ですと少し安く1600円前後、だんつうのようなものですと3000円を超える金額に、上述の追加加工料金が加算されることになるようです。さて、後から購入して敷いてあるじゅうたんに関しては、専門のクリーニング業者に送付してクリーニングしてもらうことになります。料金は平織りやタフテッド、レーヨンカーペットなど一般的なものですと1平米あたりで1300円から2000円程度で実施してもらえるようです。また本格的に手の込んだ段通や手織りのウール、シルクといったものは1平米あたりで4000円から6000円程度の価格になっています。

さらに最高級じゅうたんになりますと何段階もの洗いの工程を経て美しい風合いを取り戻す作業を行うため平米単価でも2万円とか3万円の費用がかかるようです。ものによっては買い換えたほうが安いケースもありますので、事前によく見積もりをとって、予算と状況を考えた上で結論を出されるのが懸命ではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*